「くわしくする」ってなに?
具体的にする
ハイコンテクスト文化に属している日本では、「以心伝心」「察する」「空気を読む」などの言葉があるように、多くの言葉を発すことなく相手にメッセージを伝えることができると言われています。しかし、英語はその逆。言葉でしっかりと相手にメッセージを伝える言語です。この「ハイコンテクスト」と「ローコンテクスト」の違いを理解することは文法を学習するのと同じくらい重要です。「くわしくする」方法はシンプルです。その話の背景をイメージし、具体的に話すのです。
くわしくする2
あなたならどう訳す?

「ごめん、今バタバタしてて」

Step 1文脈を設定します。

まずは、「うらやましいなぁ」を訳す前に、あなたが相手と何について話しているか、つまり文脈をしっかりと設定する必要があります。今回は以下の文脈を設定します。

  • あなたの友達から電話があった。その電話にでたけれど、今バタバタしてて長く話せないことを謝る。

Step 2「誰がどうする」に当てはめます(1)。

まずは、主語の決定です。文脈から判断するとおなじみの主語「わたし」がよさそうです。それでは「誰がどうする」に当てはめてみましょう。

  • 誰が = I
  • どうする = バタバタしてて ⇨ バタバタしてる ⇨ バタバタシテル!?

Step 3具体的にします。

お気付きの通り、「バタバタしてて」という表現がネックになります。ここで「くわしく」します。「くわしくする1」同様、この文にも多くの情報が含まれていません。具体的にしてみましょう。

ここでポイントです。情報が少ない日本語のメッセージを訳す場合、可能な限り具体的にしてみましょう。そうすると多くのことが表現できるようになります。

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
HUTのおすすめ
まほうのことば1
#have#動詞
アルワハブ2
まほうのことば3
#no#yes
イエスノウ1
まほうのことば2
#say
セイ1
まほうのことば1
#have#動詞
アルワハブ1
HUTの選りすぐりのコンテンツや
最新情報をお届けします
1.
HUTのコンテンツの一部をメルマガ会員限定で
無料公開
2.
HUTウェビナーなど、イベント情報のお届け
3.
会員限定キャンペーンのお知らせ