「わける」ってなに?
1つの文を複数の文に分割する
日本の英語のテストでは、1文の日本語は1文の英語にしなければ減点となってしまいます。しかし、わたしたちが英語を学んでいる目的はメッセージを相手にわかりやすく伝えることです。その点において「1文の日本語を1文の英語にする必要」はあるのでしょうか。さらに複数の文に分割する方が躍動感があり、ストーリー性のある、活きた英語になる場合もあります。ここまでくると「わけない」理由はありません。「わける」方法は簡単です。引き算をするだけなのです。
わける3
あなたならどう訳す?

「昨日届いた手紙は、2日前にジョンがボストンから送った手紙だ」

Step 1まずは「みつける」。「誰がどうする」を使ってこの文の主語を決めます。

ここで問題です。主語にするにはA〜Dのどれが正しいと思いますか?

  • A. 「わたし」
  • B. 「ジョン」
  • C. 「手紙」
  • D. 「ボストン」

正解

この文の主語になる可能性があるのはD以外です。Cの「手紙」も主語に設定することは可能ですが、比較的、「モノ」や「コト」を主語にすると受動態(受け身)を用いる傾向があります。

Step 2「誰がどうする」の「誰が」に当てはめます。

今回はAとBの「ヒト」を主語にして、先に進んでみましょう。この文では「ヒト」が2人登場しています。それらを「誰がどうする」の「誰が」に割り当てます。

  • 誰が ⇨ I

  • 誰が ⇨ John

Step 3ここで「わける」ポイントです。

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
HUTのおすすめ
まほうのことば1
#have#動詞
アルワハブ2
まほうのことば3
#no#yes
イエスノウ1
まほうのことば2
#say
セイ1
まほうのことば1
#have#動詞
アルワハブ1
HUTの選りすぐりのコンテンツや
最新情報をお届けします
1.
HUTのコンテンツの一部をメルマガ会員限定で
無料公開
2.
HUTウェビナーなど、イベント情報のお届け
3.
会員限定キャンペーンのお知らせ