「なりきる」ってなに?
一人多役演じる
大きなジェスチャー、しっかりとした発声、そして変化する声のトーン。英語は感情表現が豊かな言語。多くの人は英語に対してこのような印象を持っているようです。これは、英語で過去の出来事について話すとき、多くの人が一人二役あるいは一人多役演じているからかもしれません。「日本語は主語を省略する」ことからもわかるように、日本語は客観的に物事を表現する傾向にあります。しかし、英語では物事を主観的に表現することで、さまざまな感情表現を可能にします。この英語的な表現方法。言いたい日本語の文を簡素化するだけにはとどまりません。まるで映画を観ているような臨場感でさえ聞き手に与えることができるのです。
なりきる2
あなたならどう訳す?

「彼が謝ってきたの」

Step 1まずは「みつける」です。

この文で主語になりそうなのは「彼」だけだと思います。それでは、「彼」を主語に設定してみましょう。

  • 誰が = 彼 ⇨ he

Step 2「誰がどうする」に当てはめてみます。

  • 誰が = he
  • どうする = 謝ってきた ⇨ 謝る ⇨ あやまる ⇨ アヤマル!?

Step 3問題発生です。

「謝る」が分からないのです。そう、ここで「なりきる」を使います。

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
HUTのおすすめ
まほうのことば1
#have#動詞
アルワハブ2
まほうのことば3
#no#yes
イエスノウ1
まほうのことば2
#say
セイ1
まほうのことば1
#have#動詞
アルワハブ1
HUTの選りすぐりのコンテンツや
最新情報をお届けします
1.
HUTのコンテンツの一部をメルマガ会員限定で
無料公開
2.
HUTウェビナーなど、イベント情報のお届け
3.
会員限定キャンペーンのお知らせ