「くらべる」ってなに?
複数の文にし、それらを比較する
物事を「比べる」とき、英語では「比較表現」が用いられます。つまり「AはBよりも大きい」「AはBと同じくらいの大きさだ」や「Aは一番大きい」という具合です。シンプルな日本語であれば、この比較表現を用いて英語にするのは難しくありません。しかし複雑な日本語になると、逆にこの文法が妨げとなってしまう場合があります。では、どうすればいいのでしょうか。これまでの2つテクニックが、ここで交わります。複数の文に「わけ」て、物事を順序立てて「ならべる」のです。
くらべる4
あなたならどう訳す?

「今日そのカフェ、いつもより混んでましたよ」

Step 1まずは「みつける」です。

ここで問題です。主語にするには、AとBのどちらが正しいと思いますか?

  • A. 「そのカフェ」
  • B. 「わたし」

正解

「混んでいた」のは「わたし」ではなく、「カフェ」なので、正解はAです。

Step 2「何がどうなる」に当てはめます

やはり、「禁煙する」が訳せません。ここで「ならべる」を使います。

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
なりきる1へすすむ
HUTのおすすめ
まほうのことば1
#have#動詞
アルワハブ2
まほうのことば3
#no#yes
イエスノウ1
まほうのことば2
#say
セイ1
まほうのことば1
#have#動詞
アルワハブ1
HUTの選りすぐりのコンテンツや
最新情報をお届けします
1.
HUTのコンテンツの一部をメルマガ会員限定で
無料公開
2.
HUTウェビナーなど、イベント情報のお届け
3.
会員限定キャンペーンのお知らせ