「セイ」ってなに?
人間以外が話し始める秘密
ファンタジー映画やアニメーションでは、物や動物が擬人化され、人間の言葉を話すシーンがよく見られます。もちろん、これは想像上のこと…ではないのです。英語を話すとき、人間以外に言葉を言わせてみてはどうでしょう。その方法はただ一つ。あなたもよく知っている単語、『say』を用いるのです。実はこの動詞、『言う』という意味だけではなかったのです。
セイ2
あなたならどう訳す?

「本に書いてあるよ」

Step 1主語を決定し、「誰がどうする」または「何がどうなる」なのかを判断します。

まずは主語を何にするか決めましょう。この文の主語になりそうな名詞は「日付」または「ラベル」だと思います。文頭にあるので「日付」を主語にして、「何がどうなる」に当てはめてみます。

  • 何が = 日付 ⇨ date
  • どうなる = 表示されている ⇨ 表示している ⇨ 表示する ⇨ ひょうじする ⇨ ヒョウジスル!?

Step 2問題発生です。

「日付」を主語にすると、「表示されている」つまり「表示する」という動詞を知らないと先に進めないのです。それでは「ラベル」を主語にして、「何がどうなる」に当てはめてみるとどうでしょうか?

  • 何が = ラベル ⇨ label
  • どうなる = 表示している ⇨ 表示する ⇨ ひょうじする ⇨ ヒョウジスル?

実は、「ラベル」を主語にしても「表示している」、つまり動詞「表示する」が必要になってしまいます。

Step 3「セイ」の登場です。

ここで「セイ」です。

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
HUTのおすすめ
まほうのことば1
#have#動詞
アルワハブ2
まほうのことば3
#no#yes
イエスノウ1
まほうのことば2
#say
セイ1
まほうのことば1
#have#動詞
アルワハブ1
HUTの選りすぐりのコンテンツや
最新情報をお届けします
1.
HUTのコンテンツの一部をメルマガ会員限定で
無料公開
2.
HUTウェビナーなど、イベント情報のお届け
3.
会員限定キャンペーンのお知らせ